スポンサーリンク

スクショマネーの危険性は?個人情報の安全性について考察と説明!

ニュース

1月8日に「スクショマネー」というアプリがリリースされましたね。

「スクショマネー」は、携帯のホーム画面のスクリーンショットを提供することで300円分のアマゾンギフト券がもらえるアプリです。(現在はiOSのみ対応)

スクショマネーでのギフト券獲得方法については以下のページで説明しています。

スクショマネーの使い方を画像付きで解説!実際にやってみる!
1月8日に「スクショマネー」というアプリが登場しました! スクショマネーは、自分のホーム画面のスクリーンショットを...

スクショマネーの危険性について考察

入力が必要な個人情報の種類

  • 電話番号
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 職種
  • 住んでいる地域(都道府県名のみ
  • 既婚かどうか
  • 既婚かどうか
  • 世帯人数
  • 同居子供人数
  • 世帯年収

 

並べてみるとたくさんの情報の入力が必要なことがわかりますね。

このなかで、電話番号以外は換金時に必要になります。

電話番号だけは、アプリの起動時に必要になります。(認証番号をSMSで受け取る必要がある)こればかりは他のアプリでも行っている確認システムですから、おそらく問題ないと思います。(不正獲得防止のため)

電話番号以外の情報のみでは個人の特定という事態にはつながらないでしょう。

 

また、スクショマネーでは、これらの情報を正確に入力しなくてもアマゾンギフト券を受け取れます。(アマゾンギフト券の番号はアプリに直接出力されるので)

なので、どうしても気になる方は仮名を使うなどの対策をしてもいいかと思います。

スクショマネーは様々なサンプルデータの収集を目的としているので、基本的になるべく正しいデータを入力しましょう。

利用規約とプライバシーポリシーについて

スクショマネーの利用規約を見てみると、以下のような記載があります。

第14条(個人情報の取り扱い)

1.当社は、利用者のプライバシーを尊重し、利用者から取得した個人情報を当社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。

2.当社は、利用者から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払います。

これらを読む限り、個人情報が悪用されることはないと考えます。

また、運営会社のApassionate(アパッショネイト)は、Webマーケティング事業を展開していて、過去にも「emotta」などを提供しています。

スクリーンショットの危険性

ホーム画面に個人情報の特定につながるような背景画像を設定している場合は、壁紙を再設定してからスクリーンショットを撮影しましょう。

スクリーンショットの画像自体にはアプリ、壁紙、契約している通信会社以外の情報はないです。

また、iPhoneでのスクリーンショットには位置情報は付与されません。カメラアプリを使用して写真を撮影すると位置情報が付与されますが、スクリーンショットの場合はないです。

スクリーンショットによる個人情報漏洩の危険性は無いと考えていいでしょう。

 

スクショマネーの危険性、個人情報安全性についてのまとめ

以上の説明をまとめると、

  • 入力が必要な個人情報だけでは個人の特定には至らない(電話番号以外)
  • 個人情報の使用については利用規約で定められており、使用目的が明記されている
  • スクリーンショット自体には危険性は無い

 

電話番号入力が必要なアプリはたくさんあります。スクショマネーでも電話番号の入力が必要です。

すべてのアプリについて確実な安全がないのと同様に、スクショマネーも絶対に安全と言い切ることはできません。

しかしながら、説明してきた通り危険性はかなり低いと考えます。

スクショマネーを使用したいと思った方は以下の記事をご覧ください。

スクショマネーの使い方を画像付きで解説!実際にやってみる!
1月8日に「スクショマネー」というアプリが登場しました! スクショマネーは、自分のホーム画面のスクリーンショットを...

コメント