スポンサーリンク

センター試験を受けずに大学進学できる学校があります!高専の紹介

アイキャッチ画像 ニュース

1/18日、最後のセンター試験が始まりましたね。

高校生の方はこんな記事なんか見ないで明日に備えましょう笑

ネタ記事なので気楽に読み進めていただければと思います

普通に大学に進学しようと思ったら、ほとんどの人がセンター試験を受験すると思います。

私はセンター試験エアプですが、たくさんの教科を受験するので対策が大変そうです。

実はセンター試験を受けなくても大学に入学できる学校があります。

高専っていう学校なんですけど。ちなみに私は高専通ってます。(隙自語)

あまり有名な学校ではないので簡単に説明しますと、

中学卒業後、五年間にわたって実践的な技術者の養成を目的とした教育を行っている高等教育機関

です。

この記事では、高専についての紹介と、高専からセンター試験を受けずに大学に編入するルートがあることを説明します。

高専ってどんなところ?

高専が五年制の学校であることは先ほど触れました。

結局のところ、高専は普通の学校と何が違うの?

はっきり言って全くの別物です。

授業内容から卒業後の進路まで高校とはまるっきり別物です

卒業後の進路の違い

違い画像

普通高校に通っている方は、入学時から大学進学を見据えて勉強していくようにカリキュラムが組まれていますよね。そして、ほとんどの方が大学に進学すると思います。

高専では、全員が大学に進学するわけではないので、受験対策になるような授業カリキュラムは組まれていないんですよね。

私の学校では就職:進学=7:3くらいですから、卒業後は就職するほうがメジャーな選択になっています。

なので、大学に進学したい人は完全に独学で勉強しなければいけないんです。これ結構大変です。総勉強量では、一般入試を受ける高校生の方たちのほうが圧倒的に多いとは思いますが。

また、高専では文系科目はあってないようなものです。国語や社会などの教科は2年生まで勉強しますが、それ以降学ぶことはありません。これらの科目は、授業内容も薄いです。

高専生がセンター試験受けたら相当ひどい結果が出ると思います笑。

まとめ
  • 高校生は受験前提としたカリキュラムを受けるが、高専生は特に進学を意識していない。
  • 文系科目などは特に軽視されていて、卒業後も大半の人が就職する。

 

高専で学ぶこと

勉強画像

具体的に何を学んでいるのか説明していきます。

最初に説明しましたが、高専は実践的な技術者の育成を目的とした学校です。

言ってしまえば、

手っ取り早く現場で働けるようになるための最低限の知識・技術を五年間で叩き込む

こういうスタンスで授業が組まれています。

なので、文系科目はあってないような授業でやってますし、数学などもとりあえず計算できればいいって感じで授業はあっさりと進んでいきます。

その空いた時間に、実験や工作実習などの手を実際に動かす授業を行っています。

かなり人を選ぶ学校だと思います。(少なくとも学問を学びたい人にはマッチしない可能性が高い)

まとめ
高専では、教養科目は道具としての認識が強く、それよりも実際に手を動かすような授業に重みを置いている。

 

高専からセンター試験を受けずに大学に進学できる

合格画像

まず、編入制度について説明したいと思います。

高専は五年制ですので、卒業後には大学に編入することができます。

多くの大学では高専卒業後に三年次編入が可能です。(東大・京大は二年次編入)

その際に試験がありますが、編入試験は一般入試と別物です。

ほとんどの大学の編入試験では、文系科目は出題されません。

なので高専生が大学に編入しようと思ったら、数学とか物理とかだけ勉強すればいいことになっているんですね。(高専卒の某が解雇されてたね)

当然センター試験も受けなくていいです。なので理系科目に注力することができます。

私も編入学試験を受けて東工大に編入することになりました。

しかし、明らかに一般入試を勝ち抜いてきた人のほうが優秀だと感じています。(当然)

思うところはいろいろあるんですけどね。

そういう道もあるってことを伝えたいです。

 

ちょっとだけセンター試験受けてみたかったなあと思ったり…

 

受験生の皆さん、あと一日頑張ってください!

コメント