スポンサーリンク

高専生の就職の現実 綺麗事なしで説明

大学編入
ご覧いただきありがとうございます。下記のツイッターアカウントにてブログに関する情報を発信しています。

そろそろ進路決定の時期が近付いてきたけど、大学に編入するか就職するか迷ってる。将来安定した暮らしがしたいなあ。企業説明会の時も高専生を募集してたけど、このまま就職しても給料が少なそうだし…。高専卒の就職ってあまりよくないのかな。

進路の決定は悩みますよね。高専生は多くの人が就職しますが、それで幸せな暮らしを送れるのでしょうか?

結論から言うと以下のようになります。

高専卒の初年度の年収は300万程度である

高専卒は昇進していくのが厳しい

企業の方や高専OBの高専万歳ムードは信用してはいけない

以上のことから、給料や昇進において不満を抱える高専卒は多く存在しており、幸せな暮らしとは言えない(弊高専の長もこの事実について言及していた)

大学編入を視野に入れるか、自身で稼ぐスキルを身に着けよう

以下詳しく説明していきます。

高専卒の給料はどれくらい?

一般的には、高専卒の一年目の月収は18万円前後になるようです。

一方で学部卒の給料は、20万円前後になります。あまり差がないように感じるかもしれません。

しかし、これが長期間務めているとまた変わってきます。会社員は一般に在籍年数の積み重ねによって給料が増えていきます。また、昇進や昇給などもあります。

当たり前の話ですが、一生月収20万程度であれば家庭を持つことも厳しいです。ですからいち早く昇給していきたいですね。

昇進や昇給の現実

ところで、新入社員の昇進や昇給は誰が決めるんでしょうか?当然のごとく、その会社の上司や偉い人たちですよね、自分で決めれるなら苦労しませんね。その方たちの学歴はどうなっているのでしょうか?

実際には名のある大学出身者がほとんどです。

そのような方は、同じような境遇の有名大卒の新入社員を優遇することが多いです。

「自分はたくさん勉強して高学歴といわれる大学に入学できたんだから、同じように頑張ってきた部下(高学歴な部下)は報われて当然だ」

このような古風な考え方をしているお偉いさんがいる場合、高専卒の昇進スピードは遅くなるでしょう。

もちろんこのような会社ばかりではありません。しかし、現在の日本は学歴社会チック、かつ年功序列な考え方がまだまだ多いです。

つまり、会社の上部は40,50代の高学歴の方がほとんどを占めているのです。

これは、大手企業であればあるほど当てはまります。

はっきり言って、相当の実力がないと高専卒で上部に昇進していくことはできないでしょう。

実際には、高専卒5年目の社員と学部卒3年目の社員とで年収に100万円以上の差が出るそうです。これが現実なんです。

企業や高専OBは高専生は優秀って言ってるよ?

高専生ならだれもが経験あると思います。

校長先生や、高専OBが口をそろえて言いますよね。「高専生は優秀だから云々」本当に優秀ならば、企業においてもっと良い待遇を得られるはずです。

ではなぜ、実際の待遇と高専OBの発言にギャップが存在するのでしょうか?

これには以下の要因が考えられます。

高専OBが就職した時代(ひと昔前)には、確かに高専卒は優秀であり高学歴であったこと
高専教員が、企業の言う「高専生は優秀です」という言葉を鵜呑みにしている場合
確かに優秀な高専生が存在していて、その高専生がとても優秀なこと

高専OBが就職した時代(ひと昔前)には、確かに高専卒は優秀であり高学歴であった

もともと高専は、戦後の急激な工業化に備えて工学関係の人材育成のために設立された教育機関でした。当時は工業に携わる人材の育成機関としてトップの立ち位置でしたが、時代の流れに沿って立ち位置が変わってきています。今や、高専よりも優秀な大学工学部が多数存在しています。

つまり、かつては優秀な教育機関であり多数の優秀な技術者の排出に貢献してきた過去があります。そういった時代を生きてきた高専生は当然優秀なわけです。

ですが、現在の高専のコンセプトはとりあえず五年間で実務に強い人材を育成することになっていて、本当に優秀な学生は高専に入学しない場合が多いでしょう。そうした事情から、過去の高専生の認識と現在の高専生のレベルにはギャップがあるのです。

また、先ほども説明したとおりですが、自分の出身校の後輩のことは優遇してあげたいと思うのが先輩なんです。だれだって自分の子供、後輩のことは可愛がってあげたいものです。

高専教員が、企業の言う「高専生は優秀です」という言葉を鵜呑みにしている場合

そもそも企業側はなぜ高専生を優秀と言っているのでしょうか?

高専卒の人材は、入社すると学部卒と同様の仕事をこなすことになります。これは、高専という教育機関が実務に強い人材を育成しているため高専生は実際の現場では、たいていの学部卒人材と同等の仕事を受け持つことができるからなんです。

これはすごいことですよね。二年も早い段階で学部卒並みに働ける(実務においては)ということです。しかし、給料は学部卒の人材のほうが高く、昇進も学部卒のほうが早いです。

逆に、会社からすると高専生はコストパフォーマンスのいい人材になるわけです。学部卒よりも安い値段で、同じ仕事をこなせる人材を雇えるわけです。しかも、昇進を先送りできるわけです。

会社側からするとこんなに都合のいい人材ってないですよね?

そういうことで、企業側は現実を知らない高専生を採用したいわけです。企業側としては、この人材を逃すまいと高専生を優秀と言っているわけです。

そういう企業もあるんです。

確かに優秀な高専生が存在していて、その高専生が優秀すぎること

これも、高専生持ち上げのブームを促進しています。周りの高専生を見渡してみるとすごく優秀な高専生がごろごろいるわけです。

例えば、ロボコンにて活躍している学生はみな、そのまま企業で即戦力となるレベルの技術を有しています。ロボコンにて培ったスキルはそのまま実務に応用が利きます。

NHKではロボコンの大会の様子を放送していますよね。20にも満たない学生が自分たちの手で設計しているロボットが対決しているんですよね。これを見た人はほぼ間違いなく「高専生ってすごいんだ」と感じるわけです。

ところで、実際にロボコンに携わっている学生はどれほどいるのでしょう。弊高専の場合は全学生の一割にも満たないです。つまり、みなさんがロボコンを見て優秀だと感じた高専生は全体の一割にも満たない、とても技術力のある高専生なのです。

 

以上のような背景から、大人の言う「高専生は優秀だ」と実際の待遇にはギャップがあるのです。

ですからそのまま言葉を信じて行動するのは危険です。

満足のいく生活を送るためにどうすれば良いか

3つの方法を取り上げます。

学歴を獲得する

会社員として高給取りを目指していきたいのであれば、大学に編入しましょう。現在では、席次次第では推薦選抜も用意されています。推薦選抜は短期間で対策可能な場合もあるため時間的コスパが高いです。

編入試験の勉強は確かに大変かもしれません。しかし苦労するのは今だけでいいんです。生涯年収というのは一生効いてきます。編入試験の勉強を頑張るかどうかで人生が変わってくるのです。

編入試験合格を目指して頑張ってください。

高専生を優遇している会社に就職する

高専生が、学部卒が優遇される会社で戦う必要はありませんよね。取締役が高専出身の方の会社、従業員における高専生の割合が高い企業は高専生を優遇してくれることが多いです。

初任給では大企業に劣るかもしれませんが、こういった環境のほうが高専生にとって居心地の良い場合が多いでしょう。

このような企業を自分から探していく姿勢が重要になります。

安易に就職先を決めないようにしましょう。

会社に依存しなくても食っていけるような資産を築く

会社に依存しなくてもお金を稼いでいけるようになると、会社員を続ける必要もなくなります。これには時間がかかると思いますが、長期的に活動していけば必ず成果が出ます。

いろいろな方法がありますが、ここではウェブ系のプログラミングスキルを身に着けることに注目します。

いわゆる高学歴の方は例外ですが、そうでない方が高給取りになるためのコスパのいいスキルがウェブ系エンジニアスキルです。

効率よくスキルを伸ばしていくには実務経験を積むのが一番早いです。要するに転職してしまいましょうということです。

ただ転職するのではなく基本的な知識をある程度身に着けてから成果物を制作し、それをもって転職活動を始める流れが一般的です。

実務経験を二年ほど積むとフリーランスとして独立していく方も多いです。プログラミングスキルは身に着けるために必要な時間に対してリターンが大きいです。

独学での勉強の仕方は以下の記事にて紹介しています。

効率的なウェブ系プログラミング独学の方法!案件受注まで解説!
こんにちは、シバです! プログラミング初心者の方やパソコンに慣れていない方にと...

 

記事は以上となります。

自身が思い描く未来のために今日から行動していきましょう。

コメント

  1. […] 高専生の就職の現実 綺麗事なしで説明 ご覧いただきありがとうございま… […]