スポンサーリンク

大学編入試験のための化学の勉強法|おすすめの参考書を紹介します

アイキャッチ画像 大学編入

こんにちは。

ここでは、編入試験を控えた高専生に向けて化学の勉強方法と、お勧めの参考書を紹介します。

化学系でない高専生にとって、編入試験に化学があるのはなかなかにハードですよね。

試験科目に化学がある大学は、東工大・東北大・北海道大などがあります。

試験科目に化学があるけど、自分も合格できるのかな。

どうやって勉強すればいいのかな。

と悩む方もいると思います。

しかし、化学は暗記が大変なだけで簡単な場合が多いです。

他の科目に比べてひらめきも必要ないので、安定した得点源になります。

また、化学はやればやるほど知識量が増えて成果が出るので、ほかの受験者と差をつけるにはちょうどいい教科だと思います。

化学があるから受験しないのはもったいないです。頑張りましょう。

以下のサイトではほかの科目についても説明しています。(記事末尾からもアクセスできます)

それでは、どのように勉強すればよいのか説明していきます。

大学編入試験の化学の勉強法

大学編入試験の化学の勉強法

非化学系の高専生と想定して話を進めていきます。

恐らく、低学年で習った科学の授業の内容を覚えている人は少ないと思いますので以下のような流れで進めていきましょう。

  1. 高校生向けの理論化学の教材に取り組む
  2. 高校生向けの無機・有機の教材を勉強
  3. 大学範囲の化学を進める(出題される人のみ)
  4. 過去問を解いてみる

 

大学によって問題の傾向が違うので、まずは志望大学の過去問を調べましょう。

また、化学は高校範囲か大学範囲かで使用する参考書が全く異なるので気をつけましょう。

たとえば、東工大の場合は高校範囲から大学範囲まで広く出題されます。どちらかといえば大学範囲によっていて、物理化学や量子化学も出題されておりそちらの対策も必要でした。

過去問を見て、どこまで勉強するのかを決めてから取り掛かるようにしましょう。

何を勉強すればよいのかわからない人は化学の先生に助言をもらいましょう。

また、大学課程の内容は難しいので、化学科の友人や先生に頼るようにしていました。

化学もある程度参考書が決まっています。主に私が使用した参考書についてジャンルごとに紹介していきます。

 

大学編入の化学におすすめの参考書

大学編入の化学におすすめの参考書

お勧め度:☆>◎>○

編入化学の参考書~高校編~

化学基礎問題精講(理論化学) ☆

高校範囲の化学の基本が取り上げられています。無機・有機は飛ばしてもよいです。非常にわかりやすく説明されていて、一周するだけでもかなり力が付きます。また、量がちょうどいいので取り組みやすいです。これを終えたら、何か別の問題集で理論化学の問題を解くことをおすすめします。わたしは東京書籍の問題集(学校の教科書)を使っていました。

 

鎌田の理論化学 ◎

こちらも理論化学を扱った参考書です。全部は解いていませんが割とよかったと思います。少し量が多めな気がしなくもないですが。演習量は割と多めです。割とレベルが高い問題が乗ってたりします。

 

福間の無機化学 ☆

高校範囲の無機化学はこれで決まりだと思います。圧倒的にわかりやすく、覚えやすいように整理されています。また、演習量もちょうどよくこれだけで高校範囲の無機化学は戦えます。付属の小冊子もなかなか良くて、暗記がはかどりました。

 

鎌田の有機化学 ◎

高校範囲の有機化学を扱っている参考書です。わたしは、有機化学は大学生向けの参考書から入門したので使っていませんが、なかなかよさそうでした。東工大受験者はいきなり大学生向けの有機化学の教科書を使用してもよいと思います。

 

化学重要問題集(高校化学全般) ○

上記の本ですでに十分ですが、さらに高校化学を勉強したい人はこの本を使うとよいと思います。難問ぞろいでかなり手ごわいですが、これが解けるようになれば高校範囲は無双できると思います。難易度別に分かれていますが、後半は滅茶苦茶難しいのでやる必要ないと思います。わたしは苦手分野の問題だけ解きました。

編入化学の参考書~大学編~

ブラディ一般化学(化学全般) ○

あまり使っている人はいませんが、大学範囲が網羅されています。上下の二冊がありますが、上のみ流し読みしました。個人的には結構よかったです。量は多いですがとても分かりやすく解説されています。理論的なところにも触れています。大学化学に触れてみたい方や、しっかりと化学を勉強したい人にはお勧めです。必要なところのみ読むのがいいでしょう。

マクマリー有機化学概説(有機化学) ☆

大学範囲の有機化学を勉強するならこの本が一番お勧めです。もちろん、高校の範囲にも触れています。私はいきなりこの本から入りましたが、化学科の友人の助けもありなんとか読み切ることができました。アミンの章まで進めれば十分です。一応問題も解いていました。

 

マクマリー有機化学(有機化学) ○

上の概説のほうよりもしっかり解説されています。しかしながら、とても量が多く非化学系の高専生はここまでやらなくても十分だと思います。上中下と三巻からなりますが、アミンまでやればよいです。結構値段高め。

 

基本から大学院入試まで 有機化学演習(有機化学) ○

化学を専攻している大学生向けの問題集です。かなり難しいです。飛ばしながら解き進めましたが、これを解いたことで東工大の有機もそれなりにできるようになりました。余裕がある方はやってみると良いです。結構時間かかります。

無機化学概論(無機化学) ○

図書館にあったので使ってみましたが、全部は読んでません。東工大の過去問に出ているをつまみながら読みました。別にこの本じゃなくても、無機化学のそれっぽいの探して知識を補う程度でいいと思います。

 

ベーシック物理化学(物理化学) ☆

物理化学の基礎がわかりやすくまとめられています。非常に読みやすく、分量も少なめなので、手軽に物理化学の基本を押さえることができます。東工大受験者にはお勧めです。

 

参考書はこれらをメインに使用していました。

大学範囲をまともにやろうとするとかなり時間がかかります。志望大学の過去問傾向と、自分に時間の進捗度合いを考慮して計画的に勉強しましょう。

正直、これらの本についてそれなりに理解しておけば化学でかなりアドバンテージが取れると思います。

ほかに、編入試験の数学・物理の勉強方法についても解説しています。ぜひそちらもご覧ください。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]